Head for the mountains

- supported by yamaclub.net -

2016年10月合格版 Googleアドセンス審査8日間【画像はどうなの?】

2016年10月版 Googleアドセンスの審査に8日間かけて合格した話とそれまでの経緯について

この度、10/1にGoogleアドセンスの審査に合格しましたが、Googleアドセンスとは何か?から始まり、審査を受けるまでの手続きを知りたくてGoogleのオフィシャルサイトだけでなく、様々な解説サイトの情報をチェックしました。

ですが、「審査合格のコツ!」みたいに巷で語られてる内容は今回は結果的にほとんど当てはまりませんでした。のでその話でも。

審査を受けるにあたっての手続き方法や、巷で語られてるのはどんな内容かは検索すると沢山出てきますのでここでは省略します。

Googleアドセンス審査合格までの経緯

9/24 一次審査申請→数時間後に「不十分なコンテンツ」メール。記事数は20記事ぐらいでしたが、記事自体の文字数はバラツキがあり数百文字程度のものもあり。

9/25 一次審査申請→数時間後に「不十分なコンテンツ」メール。記事数は25記事くらい。文字数を増やせそうな記事は文字数を増やすなど、全体的に中身をより充実させた。

10/1 一次審査申請→数時間後に「サイトの収益化まで、あと一歩です」メール。一次審査合格。記事数30記事くらい。審査申請の前にサイトマップを設置しました。一次審査合格後、広告コードをコピーしてサイトに貼り付けて二次審査待ち。

10/2 「おめでとうございます!」メール。二次審査合格。記事数35記事くらい。数時間後に広告の配信が開始。

そんな感じです。今回の経緯を踏まえて、Googleアドセンス審査の実際のところはどうだったのか、私のケースをもとに検証してみます。

写真はダメなのか

当サイトをご覧になれば分かりますが、これだけの写真を掲載していても大丈夫でした。ですので、よく語られている、写真や画像はNGなので貼り付けないで審査に出した方がいい、という情報は今回当てはまりませんでした。ただ、ここで補足するとすると、当サイトは主に登山の記録などを綴っているんですが、記事の性質上写真は必要不可欠であり、写真を全く載せない状態だと記事そのものが成り立ちません。そのあたり、このサイトはどういうサイトなのか?というコンセプトをはっきりと示せれば、写真の掲載自体は問題にはならないと思われます。また、写真は数枚を除き自分で撮ったものです。掲載している写真にはウォーターマークを付けて私の写真であることを表示してあり、その点はしっかりアピールしています。よくある写真サイトは一体どうなってるんだろう?と考えた末、写真が必要なサイトに写真があっても普通だろうという結論に。

動画はダメなのか

これもご覧になれば分かりますが、掲載してましたが大丈夫でした。付け加えるとすれば、動画は自分で作成したものであり、当サイトのコンセプトに沿ったものであった、ということは問題が無かった理由に挙げられるかもしれません。

記事数はどのくらい必要なのか

これもよく何記事くらい必要、みたいな情報がありますが、実のところあまり意識しませんでした。と言うのは、全部の記事の文字数を1000文字程にするのは出来なかったため、文字数的に足らず1つの記事としてはカウントされない記事もあった可能性があるからです。

記事の更新は毎日しないといけないのか

一次審査申請前には記事を更新してましたが、その後毎日という訳ではなく更新できなかった日もありました。

再審査を申請するには日数をおく必要があるのか

これも、再審査をするには2週間はおかないといけない、それより前に申請しても自動的に落とされる、みたいな話を見かけますが、今回は初回審査が9/24、二回目が9/25、三回目が10/1と長くても6日の間隔しか空いてませんでしたので、今回は当てはまりませんでした。

外部へのリンクはダメなのか

大丈夫でした。記事の中で紹介したい情報などがある場合はリンクを貼ってありますが問題無かったようです。

サイトマップは必要なのか

これはサイトを訪れてくれる人のために作った側面が強いです。結果的には一次審査の前に設置したので、ひょっとしたらプラスに働いたのかもしれません。

他のアフィリエイトなど

初回審査時から全く使ってません。

ドメイン取得して日数が経っていないとダメなのか

ドメイン取得したのが9月の半ば頃。このサイトを構築してある程度カタチになってきたのが9月20日頃でしたので、よく1ヶ月以上必要みたいな話がありますが、今回は当てはまりませんでした。

以上、今回はこんな感じになりました。

審査を受けてみてからの何となくの感触としては、サイトを訪れる人の視点でサイトを整備するのが一番の近道な気がしています。審査に合格した方のお話は幾つもありますが、どれが正解だったから合格した、は個々のケースによるところが大きいだろうと。そう考えると今回のケースはあくまで私のケースであって、これが正しいというものでは無いと思いますが、今回検証してみたポイントがもしご参考になれば幸いです。

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. メールアドレスやお名前を入力せずにSNSのアカウントだけでコメントできます。お気軽にどうぞ。

SNSアカウントでもコメントできます

Head for the mountains のライター・ゲストさん

Head for the mountains のライター兼「ヤマクラブ YamaClub」ゼネラルマネージャー。山・スキー・自転車を楽しんでます /登山/トレッキング/キャンプ/アウトドア/バックカントリー/山道具/ガジェット/写真/生ビール♪
「晴れたらいいね♪」サイト主宰。Head for the mountains のライター兼アドバイザー。登山/tap dance/ジョギング/写真/jazz/演劇/エンターテイメント/生ビール♪/座右の銘はTomorrow is another day。
「ぽっくん Ownd」サイト主宰。Head for the mountains のゲスト。関東近郊を中心とした登山/ハイキング/お散歩/写真/温泉/ラーメン/生ビール/青い空の下でみんなが繋がっている感覚が好き♪
「分け入っても分け入っても白き山」サイト主宰。Head for the mountains のゲスト。montebiancoは初期の頃影響を受けた白山から。ブログタイトルは大好きな種田山頭火から。夏山から冬山まで/春はバックカントリー

「あくくり Active & Creative」サイト主宰。平日はとあるメーカーの設計者、休日はカメラ片手に日本全国まだ見ぬ風景を求めてフラフラ一人旅。今は登山と温泉が生きがい。あと時々マラソンもやってます。Head for the mountains のゲスト。
「おそと日記」サイト主宰。Head for the mountainsのアドバイザー。ときどき山登り、ときどき渓流毛鉤釣り/山、川、森、雲、星、月とかをみてるのが好き。/Raymond Chandler, Sting, Corinne Bailey Rae, Al Pacino, Sophie Marceau, さまぁ~ず/1964/エンジニア
当サイト設立に多大な貢献を頂きましたが、2017年3月に旅立たれました。ご冥福をお祈り致します。