Head for the mountains

- supported by yamaclub.net -

先週の白馬三山縦走より 2016/8/10 栂池→白馬大池→小蓮華山→白馬岳→白馬岳頂上宿舎テント場

2016/8/10〜11の白馬三山山行より。8/10のTweet Log。

この日の行程:栂池→白馬乗鞍岳→白馬大池(白馬大池山荘)→小蓮華山→白馬岳→白馬岳頂上宿舎(テント泊)

白馬三山縦走の第1日目。今回は栂池から歩いてみました。この日は白馬岳まで。

白馬岳

小蓮華山付近より白馬岳。白馬山荘側から見ると比較的穏やかな山容に見えますが、反対側は雰囲気が全然違います。

今回は栂池から歩きます

栂池のゴンドラより

栂池のゴンドラより白馬三山方向

ゴンドラで、行けそうなら扇沢歩いて行こうかなあ、というおじ様と雑談。

山はもう久し振りというかうん年ぶりとのこと。話の流れで何となく聞いてみたら実は元山岳部。腰は低いけどオーラが違ってた素敵な方との嬉しい出会い。

この日は自分達と同じく白馬のテン場までだそう。

天狗原から本格的な登り開始

天狗原

天狗原周辺は木道が整備されていて、所々にこうしたベンチが設置されてます。周囲には池糖があったりでのどかな雰囲気。

天狗原の分岐

天狗原を上から

広々な白馬乗鞍岳山頂

白馬乗鞍岳山頂付近

写真右側の山裾にあるケルンが白馬乗鞍岳山頂。このあたりまで来るとだいぶ人の数が増えてきました。なるべく人を入れたくない一枚撮る時は結構大変。

白馬乗鞍岳山頂付近

左手の双耳峰、鹿島槍まで見えてます。

白馬乗鞍岳山頂

頂上と言っても周囲広いのであんまり実感がわかないのが正直なところ(笑)

白馬大池が見えてきました

白馬大池と白馬大池山荘

白馬乗鞍岳を過ぎて程なく、白馬大池が見えてきました。山上の大池、なんとも画になる風景がそこに。

白馬大池と白馬大池山荘については次のページで「白馬大池編」としてページがありますのでそちらをご覧下さい。

ということで、白馬大池を出発ー(笑)

いよいよ稜線歩き

白馬大池より白馬岳方向

白馬大池からの歩き出しはこんな感じ。ここから白馬岳まで何時間、何時以降に出発するのは止めましょう的看板あります。

白馬大池と白馬大池山荘

白馬大池方向を振り返り。

船越の頭からは稜線一望

船越の頭からの稜線

船越ノ頭からはこれから歩いて行く稜線どーん!

この場所の標高があるので水平移動に近いように見えますが、写真左下に人が写ってる所まで一旦少し下りてから登っていくので、実際にはそそり立ってる感強いかも。

本日の雷鳥さん

船越の頭そばで出会った雷鳥さん

少し歩いて行くと、本日の雷鳥さん。

白馬岳が見えてきました

ガスをまとう白馬岳

いよいよ見えてきました、白馬岳。ガスに包まれてかえって存在感増してます。

小蓮華山山頂

小蓮華山ピークにて。特徴的な道標立ってますが、これには何も記載されてなかったような。左側斜面、崩落してるようで立ち入り禁止になってました。

白馬岳へ続く稜線

白馬大池から白馬岳にかけての稜線より富山側

右手、富山側斜面はいたって穏やかな風景。

白馬岳と奥に剱岳

白馬岳の隣に剱岳が見えてきました。右側斜面とは対照的な白馬岳の山肌。

白馬岳へ続く稜線

三国境の分岐

三国境の分岐より雪倉岳方向

三国境から雪倉岳方向。いずれ歩いてみたいエリア。

そして白馬岳へ

白馬岳山頂

IMG 7178

ニセピークみたいなの幾つか過ぎて、白馬岳到着ー!

白馬岳より杓子岳、白馬鑓ヶ岳方向

明日歩いて行く杓子岳、白馬鑓ヶ岳方向の稜線。

白馬岳より剱岳方向

白馬岳より剱岳方向

白馬岳頂上宿舎テント場にて

もう既に混んでたけど、なんとか無事にテント設営。

この白馬岳頂上宿舎のテン場、以前暴風で散々な目に遭った事あったのが脳裏をよぎったものの、まあこの天気だし風も穏やかだし問題無いでしょ。と思ってました。

朝のゴンドラで出会って、途中抜きつ抜かれつ歩いてきた方も到着。

自分達のそばに面積狭くて誰も使ってない場所があったんですが、テント張れるかなあと思ってたら何事も無かったようにツエルト設営。

もう何十年も歩いてなくて久し振りと仰ってたものの、やっぱりこのおじ様ただ者じゃ無い、扇沢まで普通に行けちゃうだろうなと何となく確信(笑)

その後は勿論カンパーイ!

夕暮れの山々を見に行きます

白馬三山の稜線からの夕暮れ

白馬三山の稜線からの夕暮れ

皆さん真剣。

白馬三山の稜線より剱岳

白馬三山の稜線からの夕暮れ

白馬三山の稜線から剱岳の夕暮れ

剱岳もいい色。

白馬三山の稜線から剱岳の夕暮れ

右のとんがり、剱岳。左のとんがり、槍ヶ岳。

白馬岳と白馬岳頂上宿舎テント場の夕暮れ

陽が沈んで皆さん小屋なりテン場へ。

【目次】2016/8/10-11 白馬三山山行 | Head for the mountains

2016/8/10〜11、全2日間の日程で白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)をテント泊で縦走してきました。 栂池から入り、白馬大池、白馬三山、白馬鑓温泉小屋を経由して、猿倉へ抜けるルートを利用。 詳細記事への目次ページです。

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. メールアドレスやお名前を入力せずにSNSのアカウントだけでコメントできます。お気軽にどうぞ。

SNSアカウントでもコメントできます

Head for the mountains のライター・ゲストさん

Head for the mountains のライター兼「ヤマクラブ YamaClub」ゼネラルマネージャー。山・スキー・自転車を楽しんでます /登山/トレッキング/キャンプ/アウトドア/バックカントリー/山道具/ガジェット/写真/生ビール♪
「晴れたらいいね♪」サイト主宰。Head for the mountains のライター兼アドバイザー。登山/tap dance/ジョギング/写真/jazz/演劇/エンターテイメント/生ビール♪/座右の銘はTomorrow is another day。
「ぽっくん Ownd」サイト主宰。Head for the mountains のゲスト。関東近郊を中心とした登山/ハイキング/お散歩/写真/温泉/ラーメン/生ビール/青い空の下でみんなが繋がっている感覚が好き♪
「分け入っても分け入っても白き山」サイト主宰。Head for the mountains のゲスト。montebiancoは初期の頃影響を受けた白山から。ブログタイトルは大好きな種田山頭火から。夏山から冬山まで/春はバックカントリー

「あくくり Active & Creative」サイト主宰。平日はとあるメーカーの設計者、休日はカメラ片手に日本全国まだ見ぬ風景を求めてフラフラ一人旅。今は登山と温泉が生きがい。あと時々マラソンもやってます。Head for the mountains のゲスト。
「おそと日記」サイト主宰。Head for the mountainsのアドバイザー。ときどき山登り、ときどき渓流毛鉤釣り/山、川、森、雲、星、月とかをみてるのが好き。/Raymond Chandler, Sting, Corinne Bailey Rae, Al Pacino, Sophie Marceau, さまぁ~ず/1964/エンジニア
当サイト設立に多大な貢献を頂きましたが、2017年3月に旅立たれました。ご冥福をお祈り致します。