Head for the mountains

- supported by yamaclub.net -

先週の白馬三山縦走より 2016/8/11 白馬岳頂上宿舎テント場→杓子岳→白馬鑓ヶ岳→白馬鑓温泉小屋→猿倉

2016/8/10〜11の白馬三山山行より。8/11のTweet Log。

この日の行程:白馬岳頂上宿舎テント場→杓子岳→白馬鑓ヶ岳→白馬鑓温泉小屋→猿倉→八方

白馬三山縦走の第2日目最終日。いよいよ三山うちの残り2座、杓子岳と白馬鑓ヶ岳を歩いて行きます。

白馬岳頂上宿舎テント場を出発

白馬三山の稜線より日の出

夕暮れの白馬岳頂上宿舎テント場

昨日はテン場結構な混み具合でした。この写真は夕暮れを見に行った帰りに撮ったものですが、ほぼびっしり。

手前側空いてるように見えますが、実際には入口から遠すぎるのであまり現実的じゃ無い場所だったりします。

で、何となくのイヤな予感的中。昨晩も大暴風祭り(笑)

隣にあったはずのテント、ペグ打って無くてかなり気になってたんですが、夜中に外に出てみると少し先にゴロゴロ転がってってました。テントの主は避難してるのか見当たらないし。周りの人達もそのテントの扱いに困惑。

それはさておき、ツエルトの例の方ちょっと心配だったので暴風の中声かけに言ったんですが、張り綱が切れたけど結び直したから大丈夫と。全く動じる事無く。やっぱりこの方凄いかも(笑)

早朝の白馬岳と白馬岳頂上宿舎テント場

この日も行程が長いのと、猿倉発のバスの時間があるので少し早起き。ほとんどのテントがまだ撤収始めてない時間に出発。

白馬三山の稜線より日の出

雲海に朝陽が反射してなんとも幻想的な光景が。テン場を早く出たのにここで時間食っちゃった、みたいな(笑)

白馬三山の杓子岳(左)と白馬鑓ヶ岳(右)

明るく写ってますが、これはまだ夜明け前のもの。これから歩いて行く白馬三山のうちのあと二つ、杓子岳と白馬鑓ヶ岳。縦走路が続いてます。

白馬三山の稜線より富山側

富山側の斜面。

白馬三山の稜線より杓子岳付近

白馬鑓ヶ岳山頂下の分岐点

白馬鑓ヶ岳の頂上手前まで来ました。

この道標、よくよく見ると分かりにくいかも。指してる方角は3方向でいいんだけど、どうしてこうなったのか(笑)

白馬鑓ヶ岳より剱岳

今回の行程で剱見えるのも白馬鑓ヶ岳まで。

白馬鑓ヶ岳へ

白馬鑓ヶ岳山頂

白馬鑓ヶ岳到着!左奥が白馬岳。そこから延びる稜線を歩いてきました。

白馬鑓ヶ岳山頂より天狗山荘と鹿島槍ヶ岳方向

白馬鑓ヶ岳ピークから不帰ノ嶮方向。左奥の双耳峰は鹿島槍ヶ岳。途中にある黒っぽい建物は天狗山荘。

白馬鑓ヶ岳より天狗山荘

白馬鑓温泉に抜けるこのルートで天狗山荘使うのも時間にゆとりがあっていいです。テン場も眺めよくてお勧め。

白馬鑓ヶ岳より白馬三山の稜線

白馬鑓ヶ岳ピークより振り返り。手前が杓子岳。中央後方が白馬岳。右に続く稜線を辿ると栂池方向。結構な距離歩いてきたなあと。

白馬三山の稜線より鑓温泉への分岐点

分岐を白馬鑓温泉小屋方面、猿倉へ下山開始。

大出原付近

ピークから少し斜度のある所をざざっと下りてくると大出原。歩いてきたところ振り返るとこんな感じ。

周囲の風景も穏やかになって雰囲気いいです。ここで軽く休憩。

白馬鑓温泉小屋へ下り開始

ここから先、鑓温泉までは若干鎖場が続きます。途中「ストックしまった方がいいよー」的な看板があるのでそれに従っていくと何カ所か通過。

少し前に滑落して亡くなった方がいるとか聞くと、必要以上に緊張しちゃいますね。鎖場は足場が安定してるのでむしろそれより崩落気味の所の方が怖いです。

白馬鑓温泉小屋

白馬鑓温泉小屋に到着。時間が早かったせいか、まだ空いてました。

温泉は今回は下山してから入る事にしてパスしました。というか、ここで入ってもまた汗かく訳で悩ましいところ(笑)

白馬鑓温泉小屋の露天風呂

白馬鑓温泉小屋テント場

小屋から少し下りたところにテン場。基本段々畑方式ですが地面はフラットなところ多いので張りやすそうです。

白馬鑓温泉小屋テント場脇の温泉

テン場の脇に温泉があるんですが、これ、テン場の隅というか、丸見えの所にあるんですよね。

まあ、テントの人が夜になってひっそり入ったりするのかと思ってたんですが、実はこれ、足湯とのこと。知らなかったら普通に入ってたかも(笑)

ここからが遠い猿倉へ

この後、鑓温泉からはひたすら下ります。猿倉までCT3時間40分。

今回の行程で一番距離を感じる区間かも。距離に加えてアップダウンもあって地味に辛いです。

途中でカメラしまっちゃったんですが、ここから先しばらくの間、あまり道の状態がよくなかったです。結構な規模で崩落箇所があって気を使いました。

一部の区間は落石で道が塞がれててその大岩の横を通るんですが、テン泊ザックが引っかかるんじゃ無いかとヒヤヒヤな箇所も。このルートでそんな思いした記憶は無いので、単に今シーズン荒れてただけかもしれませんが。

猿倉の鑓温泉登山道入口の分岐

猿倉の分岐まで下りてきました。ここで鑓温泉方面と大雪渓方面とで道が分かれます。

やっぱりこの区間長かったー。猿倉から登りに使う気にはならないなあ。

で、結局バスは予定してた便より早いのに乗れたので、温泉入りに八方へ。

八方の湯より白馬三山

白馬八方温泉でひとっ風呂浴びて〜からの美味しい一杯タイム。三山綺麗に見えてました。

【目次】2016/8/10-11 白馬三山山行 | Head for the mountains

2016/8/10〜11、全2日間の日程で白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)をテント泊で縦走してきました。 栂池から入り、白馬大池、白馬三山、白馬鑓温泉小屋を経由して、猿倉へ抜けるルートを利用。 詳細記事への目次ページです。

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. メールアドレスやお名前を入力せずにSNSのアカウントだけでコメントできます。お気軽にどうぞ。

SNSアカウントでもコメントできます

Head for the mountains のライター・ゲストさん

Head for the mountains のライター兼「ヤマクラブ YamaClub」ゼネラルマネージャー。山・スキー・自転車を楽しんでます /登山/トレッキング/キャンプ/アウトドア/バックカントリー/山道具/ガジェット/写真/生ビール♪
「晴れたらいいね♪」サイト主宰。Head for the mountains のライター兼アドバイザー。登山/tap dance/ジョギング/写真/jazz/演劇/エンターテイメント/生ビール♪/座右の銘はTomorrow is another day。
「ぽっくん Ownd」サイト主宰。Head for the mountains のゲスト。関東近郊を中心とした登山/ハイキング/お散歩/写真/温泉/ラーメン/生ビール/青い空の下でみんなが繋がっている感覚が好き♪
「分け入っても分け入っても白き山」サイト主宰。Head for the mountains のゲスト。montebiancoは初期の頃影響を受けた白山から。ブログタイトルは大好きな種田山頭火から。夏山から冬山まで/春はバックカントリー

「あくくり Active & Creative」サイト主宰。平日はとあるメーカーの設計者、休日はカメラ片手に日本全国まだ見ぬ風景を求めてフラフラ一人旅。今は登山と温泉が生きがい。あと時々マラソンもやってます。Head for the mountains のゲスト。
「おそと日記」サイト主宰。Head for the mountainsのアドバイザー。ときどき山登り、ときどき渓流毛鉤釣り/山、川、森、雲、星、月とかをみてるのが好き。/Raymond Chandler, Sting, Corinne Bailey Rae, Al Pacino, Sophie Marceau, さまぁ~ず/1964/エンジニア
当サイト設立に多大な貢献を頂きましたが、2017年3月に旅立たれました。ご冥福をお祈り致します。