Head for the mountains

- supported by yamaclub.net -

雪山シーズンインは北横岳で

今シーズン雪山は北横岳から

11月に谷川岳に若干雪が降ったとの情報を得て、初雪山になるかなあ、どうかなあとその数日後に谷川岳に行ってみたんですが見事に雪は無く…。山頂付近(オキノ耳、トマノ耳)は若干積雪があったもののまだまだ雪山という状態ではありませんでした。挙げ句雨まで降ってくる始末(笑)今シーズンの初雪山はお預けになりました。しばらく雪山情報からは離れてたんですが、今回は十分降ったとの情報を得て北横岳に行ってきました。

この日のコース(2016年12月17日):北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅→北横岳ヒュッテ→北横岳南峰→北横岳北峰(ピストン)

 

「今日はここから」

新宿駅10番線ホーム

今日は新宿駅の10番線ホームから。基本的に中央線特急(スーパーあずさ、あずさ、かいじ等)専用のホームで、このホームに来るだけでテンション上がってきます。松本行きにシビれる人、私だけじゃないはず(笑)

スーパーあずさ1号

今日利用するのは新宿駅7時発の始発特急「スーパーあずさ1号」。これに乗ると八ヶ岳方面はかろうじて日帰り圏内になります。夏山シーズンなど松本、上高地方面行く時(往路)は、最近はアルピコ/京王の「新宿〜松本線」の高速バスや「さわやか信州号」(いずれも路線バス)を使うことが多くて、松本まで乗っていく機会は減った気がします。帰りの松本最終スーパーあずさは結構使うんですけどね。単に松本でゆっくり飲みたいだけという理由もありますが(笑)

白馬に行く時はこの後に発車する「あずさ3号」で行くこともありますが、所要時間がかかりすぎて利用するメリットあまり感じないです。千葉方面からやって来るので、そちらから利用する分には便利なんでしょうけど。

結果として、白馬に関しては時間的には大差ないことに加えて料金的にも安いアルピコ/京王の「新宿〜白馬線」の高速バスの利用が増えたかなあ。バスの往復割引運賃の安さは特筆ものです。で、時間優先で急ぎたい時は北陸新幹線で長野からアルピコの特急バス使うことが増えました。これはこれで長野まであっという間。ちなみに東京からだと、あずさを使っても北陸新幹線を使っても、あずさが多少安いくらいで料金的に大きな差はありません。

スーパーあずさが速いわけ

あずさネタになったので、も一つついでに。

先ほどの写真に写ってた電車はスーパーあずさ専用の車両(E351系)なんですが、この車両登場してから今年でかれこれ24年目。間もなく引退です。少し前から新型車両(E353系)が既に試運転を始めてますね。自分的には新宿〜松本間でJR使う理由はこのスーパーあずさのスピードに尽きます。今日の主題は北横岳山行の話だったはずなので詳細は省きますが、カーブが多く山岳路線的な色彩を持つ中央線において、振り子式を採用したこの車両のおかげでスーパーあずさは高速化が図られてます。

スーパーあずさ車内

振り子式の車両ってどんなの?と思われる方もいるかもしれませんが、要は自転車やバイクがカーブを曲がる時に車体をカーブ内側に傾けるとスピードを維持したまま走れるのと同じです。この車両はカーブ通過時に車両を内側に傾けるように制御されてます。座席に座っていても気がつくくらいカーブにさしかかると車両が自動的に傾きます。今度お乗りになった際にはぜひ観察してみて下さい(笑)

振り子式の車両は建造費が高いので、現車両に変わる新型車両が果たして登場するのか、と言った話はありましたが、この区間、前述の高速バスの利便性がいいので(普通のあずさだと所要時間もあまり変わらず)お金かけても投入せざるを得なかったんでしょうね。在来線特急の中じゃ中央本線はドル箱でしょうし。

特急「あずさ」誕生50周年記念弁当

写真は『特急「あずさ」誕生50周年記念弁当

こういうのに弱いの私だけかな。何かジーンと(笑)美味しく頂きました。

閑話休題

スーパーあずさから富士山

時折見える富士山を見ながらお弁当を食べてるうちに、気がつくと列車は茅野に着き、そこからバスで北八ヶ岳ロープウェイへと向かいます。

ロープウェイを下りると、そこは…

北八ヶ岳坪庭

雪、たっぷりです。モフモフ!

山頂駅を下りると、坪庭。ここからは北横岳だけでなく各方面にルートがあります。

北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅〜北横岳ヒュッテ区間

我々は北横岳方面へ。先程まで晴れてましたが、怪しい雲行き。

北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅〜北横岳ヒュッテ区間

まとまった雪が積もってる、今シーズンの初雪山になったので気分も上がってきます。写真をパシャパシャっと。さすがに山頂でもないのでポーズはとってませんが(笑)

北横岳へのルート

さてと。北横岳目指して歩いて行きます。このあたりは結構踏まれてます。普通に歩けました。

北横岳にて

木々に積もる雪の感じからして、やはり最近降ったばかりのようです。

北横岳へのルートにて

お天気は全体的に崩れた訳ではなくて、山の上だけ厚い雲がかかっているようです。下界は日が射してます。

北横岳にて

ちょこっと振り返り。

北横岳にて

ちょっと尻尾のようになってます。

北横岳にて

それにしても静かな日。

北横岳にて

ロープウェイ山頂駅から北横岳までは、距離的にはあまり大したことありませんが、途中何カ所か分岐があります

北横岳にて

このあたりからトレース外れるとズボッと。踏み抜き注意です。

北横岳にて

北横岳ヒュッテ付近にて

このルート、なかなか雰囲気いいでしょ。

北横岳ヒュッテ

あちこちで写真撮りながら歩いても、1時間ほどで北横岳ヒュッテに。時間も時間だったのでお昼食べてる人が何人か。

ここからいよいよ北横岳のピークへ。ここまでの区間よりも山道っぽくなってきます。

北横岳南峰に到着!

北横岳南峰

ここはロープウェイで途中まで上がってこれることに加え、そこからの距離もそれ程でもないこともあって、雪山の中では比較的初心者向けのお山として紹介されることが多いですが、標高はあくまで2471m。ひとたび天気が荒れると結構辛いです。以前、カメラが凍ってしまいシャッターがおりなくなったことも。

南峰があるということは、やはり北峰もあります。距離的にはすぐですが、道のモフモフ加減が強くなってきてすれ違いには気を使うところも。道を譲ろうとしたらズボッと(笑)

そして北峰へ

北横岳北峰

今日の最終目的地、北横岳北峰へ到着!

北横岳北峰にて

ここへ来ておもむろにピッケルを用意する人w

北横岳北峰にて

これがやりたいのです(笑)なんかそれっぽいでしょw

北横岳北峰にて

この一枚はほぼTwitter用ですね。

北横岳北峰

山頂にかけて先程からの厚い雲がかかってるのであまり明るくありませんが、雪が降ってる訳では無いのでそれほど辛くはなく。

北横岳北峰にて

雪山ラブな人。お約束ですね(笑)

北横岳北峰

ルートはここで終点という訳ではなく、大岳や、蓼科山方面にも道はありますがトレースは無く。

やっぱり標高2400mの雪山です。

思う存分雪を楽しんで、そろそろ下山します。

北横岳ヒュッテ

北横岳ヒュッテまで下りてきました。ここからロープウェイ駅までそれほどかかる訳では無いので、特に休憩を取るでもなく。

北横岳

先程まで山全体を覆ってた厚い雲が徐々に切れてきました。いいソラ。

北横岳

北横岳

雪の感触って、やっぱりいいなあ。

北横岳

この写真見ると判りやすいですが、やっぱり最近結構な量降ったみたい。ツイてました。

北横岳より

中央に見えるとんがり屋根、

北横岳より縞枯山荘

縞枯山荘が見えてます。

北横岳

静寂の世界。

雲の切れ目からの日射しが幻想的でした。あのパーティはこの時間からどこに行くんだろう。

北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅

ロープウェイの山頂駅が見えてきました。あともう少し!

北横岳より

遠くの山々はまだ青々しているのを見ると、やっぱり標高が高いことを実感。

北横岳〜ロープウェイ山頂駅区間にて

縞枯山へと至る道との分岐まで下りてきました。なんだか今日は不思議な天気でした。

2016/2017シーズン開始で足慣らしな北横岳山行、思った以上の積雪があっていい雪楽しめた一日に。

さて、ロープウェイで下山しましょう。

北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅にてカンパーイ!

ロープウェイを下りた後、茅野駅に向かうバスまで少し時間があったので、まずは無事の下山にカンパーイ!

ここはスキー場な一面もあるので、山麓駅にはレストランや休憩スペースも併設されていてゆったりできます。お疲れさまでしたー!

最後に嬉しい出来事きたーっ!

今回の記事ですっかり特急あずさに詳しくなった方もいるかと思いますが(笑)帰りはスーパーあずさでなく、普通のあずさで帰りました。

茅野から乗り込んで間もなく、車内販売のワゴンがやってきました。とあるお弁当があるかダメ元で聞いてみたら、

松本駅名物山賊焼弁当

山賊焼弁当あったーー!!

パッケージにもありますが、松本駅の名物駅弁です。売り切れてることが多くて、車内で買えたのは初めてでした。

松本駅名物山賊焼弁当

山賊焼というのはご覧の通り、鶏の唐揚げです。松本方面だと山賊焼って名称結構聞きますね。上高地の小梨平にある小梨平食堂の名物メニューも山賊焼き定食だったりします。

お品書き:山賊焼、長芋天ぷら、舞茸煮物、山葵漬、山ごぼう辛子味噌、あんずゼリー。これでお値段760円(税込)!

何々がどうなってて、こうなっててまったりしてたりして美味しい〜とかは省略します(笑)どの具材も一手間かかってるのが伝わってくる好感度高いお弁当です。

車内販売の方に聞いたら、茅野駅に着くまで残ってるのはやっぱり珍しいとのこと。ラッキーでした。

さてさて美味しいお弁当を食べようとテーブルを出そうとしたら、そこには、

特急あずさ50周年

ありがとう 特急あずさ50周年

あずさ50周年

半世紀の感謝とともにこれからも

ジワッとくるでしょ、こういうの。自分だけかな(笑)

今シーズン初雪山は「あずさ」も思う存分楽しめた山旅になりましたの巻。ヱビスで乾杯しつつ、山賊焼を楽しんで帰りました。

SNSアカウントでもコメントできます

Head for the mountains のライター・ゲストさん

Head for the mountains のライター兼「ヤマクラブ YamaClub」ゼネラルマネージャー。山・スキー・自転車を楽しんでます /登山/トレッキング/キャンプ/アウトドア/バックカントリー/山道具/ガジェット/写真/生ビール♪
「晴れたらいいね♪」サイト主宰。Head for the mountains のライター兼アドバイザー。登山/tap dance/ジョギング/写真/jazz/演劇/エンターテイメント/生ビール♪/座右の銘はTomorrow is another day。
「ぽっくん Ownd」サイト主宰。Head for the mountains のゲスト。関東近郊を中心とした登山/ハイキング/お散歩/写真/温泉/ラーメン/生ビール/青い空の下でみんなが繋がっている感覚が好き♪
「分け入っても分け入っても白き山」サイト主宰。Head for the mountains のゲスト。montebiancoは初期の頃影響を受けた白山から。ブログタイトルは大好きな種田山頭火から。夏山から冬山まで/春はバックカントリー

「あくくり Active & Creative」サイト主宰。平日はとあるメーカーの設計者、休日はカメラ片手に日本全国まだ見ぬ風景を求めてフラフラ一人旅。今は登山と温泉が生きがい。あと時々マラソンもやってます。Head for the mountains のゲスト。
「おそと日記」サイト主宰。Head for the mountainsのアドバイザー。ときどき山登り、ときどき渓流毛鉤釣り/山、川、森、雲、星、月とかをみてるのが好き。/Raymond Chandler, Sting, Corinne Bailey Rae, Al Pacino, Sophie Marceau, さまぁ~ず/1964/エンジニア
当サイト設立に多大な貢献を頂きましたが、2017年3月に旅立たれました。ご冥福をお祈り致します。