Head for the mountains

- supported by yamaclub.net -

初雪を求めて谷川岳へ

初雪を求めて谷川岳へ

今シーズンの初雪山を期待して谷川岳へ

去年は記録的な雪不足になり、雪山歩き、スキーとも大変なシーズンになりましたが、今年は果たして。この日は元々は久し振りに奥多摩方面に歩きに行こうと思ってたんですが、数日前にツイッターで雪の谷川岳を歩いてるツイートを見かけて、まだ雪が残ってたらいいなあ♪、な感じで行ってきまーす。今回は日帰り山行です。

 

この日のコース(2016年11月20日):天神平→熊穴沢避難小屋→天狗の留まり場→肩の小屋→トマノ耳→オキノ耳(ピストン)


「今日はここから」

東京駅

 

今日は東京駅から出発です。東京駅といえば、

 

東京駅

 

谷川岳に限らずですが、山へ行くのもここ数年で新幹線使う機会が多くなりました。下山後に温泉&軽くビールとか、山麓やアクセス途中でのちょっと気の利いた飲み屋さんで一杯やってくるのが楽しみになってきて、最近は登山というか山の楽しみ方も少し変わってきた気がします。

 

今日乗るのは、すっかり定番になった「Maxたにがわ401号」。これに乗ると、越後湯沢上越線への乗り換えがほぼ待たずにスムーズに接続できて便利でして、谷川岳の最寄り駅になる土合駅へ時間のロス無く向かえます。土合までの電車での行き方としてもう一つは、水上からアクセスする方法があります。こちらの方が水上駅からバス便も多く、高崎から水上駅までの上越線もそこそこ本数があるのでお好みで。

 

東京駅

 

東京駅っていろんな種類の新幹線が見られて好きな場所の一つです。子供の頃は鉄道好きだったんですが、最近それがまた少し出てきているのかな。

 

東京駅、秋田新幹線

 

一番好きな新幹線車両は?って聞かれたら、おそらく答えるであろう秋田新幹線の「こまち」。アクセントに赤を使ったボディーはやっぱりカッコいいなあ。

 

東京駅、上越新幹線

 

今日乗るのはこちら、上越新幹線の「Max」。この総二階建ての新幹線には登場当初びっくりしたのを今でも覚えてます。16両編成で運転時の定員は1600名以上、ギネスで世界一になったこともあったはず(今でもかも)。Wikipediaなど見ると、2016年度をメドに全廃予定なんて記載もあり、この新幹線に乗れるのもこの冬シーズンが最後かもしれません。スキーだけでなく、雪山行くのにも使うことがあったので、なんとなく感慨深いものがあります。

 

30品目バランス弁当

 

列車でアクセスする山行で楽しみなのが、やっぱり駅弁。もはやすっかり定番化した「30品目バランス弁当」をこの日もチョイス。

 

 

せっかく新幹線利用だったものの

この日は越後湯沢まで上越新幹線を利用するので、帰りに越後湯沢駅構内にある「ぽんしゅ館」の酒風呂にでも入ってこようかと思ってたんですが、衛生面で問題が出たらしくなんと当面の間営業中止。この情報、ぽんしゅ館のHPには一切掲載されておらず、たまたまこの前日にネットで見つけた情報だったんですが、こういうのって真っ先にHPに載せておく必要あると思われるのに、その対応には残念な感じ。ぽんしゅ館いつも楽しみにしてるのに。

 

内容が内容だったせいで掲載しなかったのか、そこまで気が回らなかったのかは不明ですが、場所柄新幹線利用の方が多いはずで、そうした方は結構遠方から来ているはずなんですよね。わざわざやってきて「臨時休業」な時のガッカリ感ときたら。。ちなみにこの記事書いている現在でぽんしゅ館のHP見てみましたが、相変わらず何も掲載されていません。現在営業しているのかどうか不明なので、行かれる予定がある方は直接電話などで問い合わせてみることをおすすめします。

久し振りの土合駅へ

土合駅

 

越後湯沢で上越線に乗り換えて、土合駅に到着。上り線(水上方面)ホームは地上駅ですが、下り線(越後湯沢方面)ホームはあの有名な地下駅です。ちょこっと見学に行きましたが、たまたま少し前に下り線の列車が到着したみたいで、462段の階段登ってきて苦笑されてる登山客の方に遭遇(笑)。どうやら同じく谷川岳に行かれるようです。

 

土合駅

 

素敵なデザインの土合駅外観。この形、やっぱり「」を意識して作られたのかな。

ロープウェイで天神平へ

谷川岳天神平

 

土合駅から谷川岳ロープウェイまでは歩いて20分ほど。車で行く場合はロープウェイ駅の駐車場まで行くことができます。ロープウェイ駅では登山届と下山届も提出でき、更衣室やレストランもあるので装備を調えるのにも便利に使えます。

 

そこから天神平まで上がります。雲はあるものの青空も見えてて天気は期待できそう♪(と、この時は思ってました)

 

谷川岳天神平

 

天神平から双耳峰である谷川岳を眺めます。山頂付近、ちょっと雲がかかってて若干心配ですが、まあなんとかなるといいなと。

 

というより、山頂付近、ほとんど雪ありません。ここ天神平にいたっては全くその影もなく。

谷川岳へ出発!

谷川岳

 

谷川岳の天神尾根は、積雪があって冬道を利用できる時はゲレンデ脇を登っていきますが、この日は完全に夏道でした。

 

谷川岳

 

夏道は木道が整備されてる区間もあって比較的歩きやすいんですが、この日は濡れてる区間も多く、ツルツル滑る足元に注意です。

 

谷川岳

 

おぉー!雪道が!(笑)どこまで続いてるか楽しみでしたが、この写真で見えてるくらいで終わりでした。傾斜もほとんどありませんし、アイゼン不要です。

 

谷川岳

 

歩くこと30分ほど。上の方が見えてきました。途中のルートも含めてその色は完全に緑、青々してます。この時点で初雪山にはおそらくならないことをほぼ確信(笑)あのあたり、冬はバックカントリースキーを楽しんでる方が多い斜面です。

 

熊穴沢避難小屋

 

先ほどの写真の地点から5分ほど熊穴沢避難小屋に到着。

 

IMG 0524

 

積雪期になるとこの小屋は雪の中にすっぽり隠れてしまい、扉の脇にある鉄塔がつき出してるだけになります。今年はどうなるかな。

 

谷川岳、熊穴沢避難小屋

 

距離的には、この小屋で半分以上来ている計算です。このあたりからルートの斜度がきつくなってきます。

 

谷川岳天神尾根より

 

景色いいです。周囲の山々が一望できました。右下の方に先ほどの熊穴沢避難小屋天神平はここからは見えませんが、天神平スキー場のリフトやその建物などはばっちり。結果的にこの時が一番眺めが良かったとは、その時はまさか思わず(笑)

 

谷川岳、天狗の留まり場

 

歩き始めて70分ほど天狗の留まり場に到着。この日も岩の上でのんびりしてる方達がいました。眺望もいいし休憩するにはいい場所です。

 

谷川岳、天神尾根

 

道には残雪が残ってるものの、あくまで残雪でした。期待していた雪山にはなりませんでしたが、これはこれで晩秋の気持ちいい山歩きできそうです。

 

谷川岳、肩の小屋

 

11時45分頃谷川岳肩の小屋に到着。この時点で曇りがちというか周囲真っ白な妙な雲行きに(笑)

 

谷川岳肩の小屋

 

今年の営業期間は終わっているので営業はしていませんでしたが、鍵は開いていて中に入れました。

 

谷川岳

 

雲行きが怪しくなってきたので、休憩も程々にして、まずは1つ目のピークになる「トマノ耳」へ向かいます。このあたりから若干残雪が残ってましたが、アイゼン付けるほどではなかったです。まだまだ雪が少ないので、アイゼン付けると岩の上などはかえって歩きにくいので、そのまま歩いて行きました。

トマノ耳登頂!

谷川岳トマノ耳

 

正午頃トマノ耳に到着ー!

 

一緒に歩いていた友人は初めての谷川岳だったらしく嬉しそう。天神平から見た通り、山頂は雲海というか雲の中でした。ここからもう一つのピークである、オキノ耳へ歩いて行きます。

 

谷川岳トマノ耳〜オキノ耳区間

 

トマノ耳からオキノ耳にかけては、晴れてると迫力のある眺めが見られますが、今日は真っ白。これはこれで雪山気分出てきました(笑)トマノ耳からは一旦下る感じになるんですが、若干雪が残っていて滑りやすかった箇所がありました。その区間だけのためにアイゼンつける必要があるかは微妙ですが、この写真くらいの積雪箇所はありました。少し斜度がある所は滑りやすくなってます。軽アイゼンはお守りとして持っててもいいかもしれません。

オキノ耳に到着!

谷川岳オキノ耳

 

トマノ耳から20分ほどオキノ耳へ到着しました。山頂からツイートなどして少しゆっくりしようかとも思ってたんですが、ポツポツ雨が降り始めてきたので早々に下山開始することに。ロープウェイの切符売り場の方「今日は晴れです!」って言い切ってたのにと苦笑い(笑)

 

結局この後は普通に雨が降ってきてしまいましたが、高度を下げるにつれ雨も止み始めて、無事に天神平に下山できました。このお天気なのでカメラはしまい山の写真はここで一区切り。

帰りは水上経由で

水上駅

 

当初の予定だと帰りも土合駅から越後湯沢に出る予定だったんですが、この日に関しては上越線の本数が非常に少ないこともあり、越後湯沢までかなり時間がかかってしまうので、ロープウェイ駅からバスで水上駅に出ることに。バスは時間も時間だし混んでないかと思いきや、座れない人もいるくらいに混んでました。

 

水上駅前、紅葉真っ盛りでした。やっぱり雪山にはまだ早かったかなあ、と(笑)

 

水上駅

 

この電車、久しぶりに見た気がします。この日はSLも走っていたせいか、鉄ちゃんらしき人達で水上駅は賑わってました。「ボーッ!」ってSLが発車する際の音に一旦入りかけたラーメン屋さんを出て見に行きましたが、カメラが間に合わず写真はまたの機会に。ラーメン屋さんに戻ると女将さんが笑ってました「SL見に行ったんでしょ(笑)」

 

今回は今シーズンの初雪山にはなりませんでしたが、晩秋〜初冬という時期というか季節のせいもあり、この日の谷川岳は予想外に空いてて静かな山歩きを楽しめました。紅葉と関係無く歩くのであれば、あまり混雑せず空いてますし結構いい時期なのかもしれません。

 

⋯なんて思いつつ、のんびり電車に揺られながら軽くカンパーイ!、雪山はまたのお楽しみにの巻でした。

 

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. メールアドレスやお名前を入力せずにSNSのアカウントだけでコメントできます。お気軽にどうぞ。

SNSアカウントでもコメントできます

Head for the mountains のライター・ゲストさん

Head for the mountains のライター兼「ヤマクラブ YamaClub」ゼネラルマネージャー。山・スキー・自転車を楽しんでます /登山/トレッキング/キャンプ/アウトドア/バックカントリー/山道具/ガジェット/写真/生ビール♪
「晴れたらいいね♪」サイト主宰。Head for the mountains のライター兼アドバイザー。登山/tap dance/ジョギング/写真/jazz/演劇/エンターテイメント/生ビール♪/座右の銘はTomorrow is another day。
「ぽっくん Ownd」サイト主宰。Head for the mountains のゲスト。関東近郊を中心とした登山/ハイキング/お散歩/写真/温泉/ラーメン/生ビール/青い空の下でみんなが繋がっている感覚が好き♪
「分け入っても分け入っても白き山」サイト主宰。Head for the mountains のゲスト。montebiancoは初期の頃影響を受けた白山から。ブログタイトルは大好きな種田山頭火から。夏山から冬山まで/春はバックカントリー

「あくくり Active & Creative」サイト主宰。平日はとあるメーカーの設計者、休日はカメラ片手に日本全国まだ見ぬ風景を求めてフラフラ一人旅。今は登山と温泉が生きがい。あと時々マラソンもやってます。Head for the mountains のゲスト。
「おそと日記」サイト主宰。Head for the mountainsのアドバイザー。ときどき山登り、ときどき渓流毛鉤釣り/山、川、森、雲、星、月とかをみてるのが好き。/Raymond Chandler, Sting, Corinne Bailey Rae, Al Pacino, Sophie Marceau, さまぁ~ず/1964/エンジニア
当サイト設立に多大な貢献を頂きましたが、2017年3月に旅立たれました。ご冥福をお祈り致します。