Head for the mountains

- supported by yamaclub.net -

先週の裏銀座縦走より 2016/8/23 高瀬ダム→ブナ立尾根→烏帽子岳→野口五郎小屋

2016/8/22〜27の裏銀座山行より。8/23のTweet Log。

この日の行程:七倉山荘→(タクシー)→高瀬ダム→(ブナ立尾根)→烏帽子小屋→烏帽子岳→野口五郎小屋(小屋泊)

楽しみにしていた裏銀座縦走の第2日目。高瀬ダムから裏銀座縦走路スタート!

烏帽子小屋から野口五郎小屋にかけての裏銀座縦走路

三ッ岳付近展望コースからの野口五郎岳方面。左下に見えるのはお花畑コースのようでした。

高瀬ダムより裏銀座縦走スタート!

高瀬ダム

北アルプス裏銀座登山口そばの丸太橋

高瀬ダムに到着。朝イチに着いたので人気は無く、ひっそりした雰囲気。奥は不動隧道。ここを通って登山口まで歩いて行きます。トンネル内は照明があるのでヘッデン不要です。

登山口までの途中に丸太橋。板張りになってるのでそれ程大変じゃないものの、この橋、大雨などで増水すると流される恐れがあるとの事。烏帽子小屋に到るまでに注意書きがありました。ここまで下りてきて橋が流されてたら、増水してる中渡るのは一苦労かも。

北アルプス裏銀座登山口

ブナ立尾根の番号の解説、0番烏帽子小屋から12番現地

ブナ立尾根の番号の解説、0番烏帽子小屋から12番北アルプス裏銀座登山口

ここがいよいよ裏銀座への登山口。ポツポツ降ってきたのでレインを着る事に。 ここで九州から来てるという男性の方と挨拶を。この方が後々までご一緒する事になるとはこの時は思わず。途中宿泊地が若干違うものの、上高地まで同じ日程でした。

この方をはじめ、このあたりから今回の山行を楽しくしてくれた方達との出会いが徐々に。

北アルプス三大急登で知られるブナ立尾根は烏帽子小屋までの間にポイントごとに番号が振られてます。この登山口が12番。で、烏帽子小屋が0番。歩いてる地点が何となく分かって便利。 12番から0番までのコンプリート写真がこれ↑。

樹林帯で景色は楽しめないし雨もポツポツ降ってたので、0番までの間撮ったのはこの写真だけ(笑)どれも小さなプレートですが意外と目に付きやすい場所に設置されてるので、見落とす恐れは少ないと思います。

ブナ立尾根を登り烏帽子小屋に到着

烏帽子小屋

烏帽子小屋に到着。たまたまパトロール隊の人がいて、他の登山者の方を交えてしばし雑談。

この小屋の看板、伊藤正一著の「黒部の山賊」に出てくる山賊ゆかりの人による物らしいとの事。そう言われると急に有り難みが出てきて皆さんパシャリ(笑)

烏帽子小屋に着いた頃には雨はすっかり上がって一部青空が見え始めてたものの、烏帽子岳方向は真っ白。こんな時に山頂行ってもしょうがないかなあ、と迷ってそのまま野口五郎岳方面に向かう人もちらほら。我々は次いつ来れるか判らないのでとりあえず烏帽子岳山頂へ行ってみる事に。多少の晴れ間も期待してました。が、ガスガス真っ白でした(笑)

烏帽子小屋からはいよいよ裏銀座の稜線歩き

烏帽子小屋から野口五郎小屋にかけての裏銀座縦走路

烏帽子小屋から野口五郎小屋にかけての裏銀座縦走路

ガスも取れてきて青空も。このあたりは歩きやすい道が続きます。

途中、展望コースとお花畑コースに分かれます。

引用ツイはこちら↓

Twitterでアップした野口五郎付近の稜線。 晴れてたらそれはそれで最高だけど、見えそうで見えないガスがちな稜線も迫力満点でした。

【目次】2016/8/22-27 裏銀座・雲ノ平山行 | Head for the mountains

2016/8/22〜27、全6日間の日程で裏銀座・雲ノ平・槍ヶ岳とテント泊縦走した際の記事の目次。今回は七倉温泉から入り、高瀬ダムを出発。裏銀座縦走路を縦走して途中雲ノ平へ立ち寄り、槍ヶ岳を経由して上高地へ抜けるルートを利用。

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. メールアドレスやお名前を入力せずにSNSのアカウントだけでコメントできます。お気軽にどうぞ。

SNSアカウントでもコメントできます

Head for the mountains のライター・ゲストさん

Head for the mountains のライター兼「ヤマクラブ YamaClub」ゼネラルマネージャー。山・スキー・自転車を楽しんでます /登山/トレッキング/キャンプ/アウトドア/バックカントリー/山道具/ガジェット/写真/生ビール♪
「晴れたらいいね♪」サイト主宰。Head for the mountains のライター兼アドバイザー。登山/tap dance/ジョギング/写真/jazz/演劇/エンターテイメント/生ビール♪/座右の銘はTomorrow is another day。
「ぽっくん Ownd」サイト主宰。Head for the mountains のゲスト。関東近郊を中心とした登山/ハイキング/お散歩/写真/温泉/ラーメン/生ビール/青い空の下でみんなが繋がっている感覚が好き♪
「分け入っても分け入っても白き山」サイト主宰。Head for the mountains のゲスト。montebiancoは初期の頃影響を受けた白山から。ブログタイトルは大好きな種田山頭火から。夏山から冬山まで/春はバックカントリー

「あくくり Active & Creative」サイト主宰。平日はとあるメーカーの設計者、休日はカメラ片手に日本全国まだ見ぬ風景を求めてフラフラ一人旅。今は登山と温泉が生きがい。あと時々マラソンもやってます。Head for the mountains のゲスト。
「おそと日記」サイト主宰。Head for the mountainsのアドバイザー。ときどき山登り、ときどき渓流毛鉤釣り/山、川、森、雲、星、月とかをみてるのが好き。/Raymond Chandler, Sting, Corinne Bailey Rae, Al Pacino, Sophie Marceau, さまぁ~ず/1964/エンジニア
当サイト設立に多大な貢献を頂きましたが、2017年3月に旅立たれました。ご冥福をお祈り致します。