Head for the mountains

- supported by yamaclub.net -

先週の裏銀座縦走より 2016/8/25 雲ノ平→三俣山荘→鷲羽岳

2016/8/22〜27の裏銀座山行より。8/25のTweet Log。

この日の行程:雲ノ平キャンプ場→黒部源流碑→三俣山荘→鷲羽岳→三俣山荘(テント泊)

楽しみにしていた裏銀座縦走の第4日目。寄り道した雲ノ平から再び裏銀座縦走路に戻って三俣山荘でテント設営後、鷲羽岳へ行ってきました。

三俣山荘そばより鷲羽岳

裏銀座縦走4日目は休息日にしました

早朝の雲ノ平キャンプ場より黒部五郎岳

雲ノ平キャンプ場より黒部五郎岳方向

雲ノ平キャンプ場の朝。テント正面から見えてるのはカールが美しい黒部五郎岳。

早朝の雲ノ平キャンプ場

雲ノ平キャンプ場そばより薬師岳

この日は三俣山荘まで。長い山行の中で休息日的な1日を設定する事に。

これ昨日の雲ノ平山荘で九州の方と一杯やってる際に話したら、行程のあまりの短さに仰天してました(笑)

その方は双六小屋まで行くとの事でしたが、その翌日はお互い槍ヶ岳まで行くので最終的にはスケジュールほぼ同じ感じ。

テン場を後にして間もなく、右手には薬師岳。

早朝の雲ノ平

早朝の雲ノ平と雲ノ平山荘

早朝の雲ノ平。手前は水晶岳

早朝の雲ノ平

早朝の雲ノ平に陽が差してきます。

水晶岳より朝陽眩しく

流石の存在感は薬師岳

雲ノ平より薬師岳

昨日歩いてきた道を戻っていきます。迫力のある薬師岳が左手に。

雲ノ平と薬師岳

写真左端に雲ノ平山荘。下側に赤っぽい屋根の小屋のようなものはテン場のトイレ。これで見ると雲ノ平山荘とキャンプ場が離れてるのが判りやすいかも。

正面にどっしり構えてるのは薬師岳。テン場からは見えないのが残念。祖父岳分岐付近にて撮影。

雲ノ平と薬師岳

雲ノ平山荘の奥は太郎平小屋のある太郎平。その先にあるうっすら境目はもう日本海。

色々考えて選んでるつもりでも、薬師岳の写真が3枚も続いて、ああ、やっぱり薬師岳好きなんだな、と改めて(笑)

雲ノ平から黒部源流までの区間より笠ヶ岳

右手に笠ヶ岳の上部がちらり。特徴的な形してるので遠くからも判りやすいです。

いよいよあのお山が!

雲ノ平から黒部源流までの区間より槍ヶ岳

程なくして、ふと見上げるとあのお山!

槍ヶ岳が見えてきました。明日はあそこまでいくかと思うとワクワク。

前を歩いてるのは高瀬ダムから同じ行程で歩いてる例の九州の方。山を歩き慣れたオーラをチラッと感じさせつつも、とっても気さくな素敵な方でした。

雲ノ平から黒部源流までの区間より

雲ノ平から黒部源流までの区間より黒部五郎岳

雲ノ平から黒部源流までの区間より黒部五郎岳

このあたりまで来ると黒部五郎岳が大きく見えてきます。過去の山行での暴風雨のピークを思い出して苦笑い。

雲ノ平から黒部源流までの区間より槍ヶ岳

三俣山荘が見えてきました

槍ヶ岳と三俣山荘

黒部源流そばより槍ヶ岳と三俣山荘

黒部源流を挟んで三俣山荘と槍ヶ岳。一旦谷に下りて登り返し。

黒部源流そばより槍ヶ岳

三俣からも槍ヶ岳は見えるんですが、こんなにクッキリ見えてたのはこの日はこれが最後。

三俣山荘の展望食堂から槍ヶ岳を見る事は今年もできませんでした。過去には雨戸しまってた事もあるし(笑)

これがその写真

槍ヶ岳と三俣山荘

この構図、好きな人の間では有名みたいです。左に槍ヶ岳。右に三俣山荘。一直線上。

少し前に抜きつ抜かれつ出会ったわらじ履いて歩いてる方から「写真撮っておきな!」と。言われるがままに(笑)

黒部川源流へ

黒部源流渡渉点

黒部源流渡渉点より上流側

黒部源流の渡渉点にやってきました。ここ数年同じ時期にここ歩いてますが、今年はやっぱり水量少なめでした。

皆さんヒョイヒョイと渡っていくんですが、以前、雪が多く残る時期にここに来て、目の前で対岸の雪庇が大規模に崩落したの見てからこの場所少しトラウマだったりします(笑)

黒部川水源地標

渡渉点から三俣山荘方面に少し登ると「黒部川水源地標」の碑。

三俣山荘に到着

三俣山荘と鷲羽岳

三俣山荘2階の展望食堂

三俣山荘に到着。写真多めにとって比較的ゆっくり歩いてきましたが、雲ノ平からの距離が距離だけにかなり早い時間に到着。

三俣蓮華岳キャンプ場より鷲羽岳

まずはテント設営。ゴロンとしながら鷲羽岳が見える良さげな場所を確保。

手前に写ってるピンク色の物体はご近所さんが岩の上で干してる服。これ入れないで写真撮ろうと試行錯誤したんですがどうにもならず(笑)

テント設営後鷲羽岳へ

三俣山荘そばより鷲羽岳

天気もいいし、時間も早いので一杯やる前に鷲羽岳へ。写真は三俣山荘から少し歩いた所から鷲羽岳全景。

鷲羽岳より硫黄尾根、北鎌尾根方向

登るにつれ周囲色々見えてきます。右手には赤茶けた硫黄尾根とその奥に北鎌尾根。

鷲羽池

この日は話に聞いてた鷲羽池も良く見えました。

IMG 8335

鷲羽岳ピークに到着〜からの例によって例のポーズを(笑)

鷲羽岳より三俣山荘

鷲羽岳より三俣蓮華岳キャンプ場

鷲羽岳ピークより三俣山荘方向。

テン場の黄色いテントが今回の山行の相棒、プロモンテのVL35持ってきました。

【目次】2016/8/22-27 裏銀座・雲ノ平山行 | Head for the mountains

2016/8/22〜27、全6日間の日程で裏銀座・雲ノ平・槍ヶ岳とテント泊縦走した際の記事の目次。今回は七倉温泉から入り、高瀬ダムを出発。裏銀座縦走路を縦走して途中雲ノ平へ立ち寄り、槍ヶ岳を経由して上高地へ抜けるルートを利用。

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. メールアドレスやお名前を入力せずにSNSのアカウントだけでコメントできます。お気軽にどうぞ。

SNSアカウントでもコメントできます

Head for the mountains のライター・ゲストさん

Head for the mountains のライター兼「ヤマクラブ YamaClub」ゼネラルマネージャー。山・スキー・自転車を楽しんでます /登山/トレッキング/キャンプ/アウトドア/バックカントリー/山道具/ガジェット/写真/生ビール♪
「晴れたらいいね♪」サイト主宰。Head for the mountains のライター兼アドバイザー。登山/tap dance/ジョギング/写真/jazz/演劇/エンターテイメント/生ビール♪/座右の銘はTomorrow is another day。
「ぽっくん Ownd」サイト主宰。Head for the mountains のゲスト。関東近郊を中心とした登山/ハイキング/お散歩/写真/温泉/ラーメン/生ビール/青い空の下でみんなが繋がっている感覚が好き♪
「分け入っても分け入っても白き山」サイト主宰。Head for the mountains のゲスト。montebiancoは初期の頃影響を受けた白山から。ブログタイトルは大好きな種田山頭火から。夏山から冬山まで/春はバックカントリー

「あくくり Active & Creative」サイト主宰。平日はとあるメーカーの設計者、休日はカメラ片手に日本全国まだ見ぬ風景を求めてフラフラ一人旅。今は登山と温泉が生きがい。あと時々マラソンもやってます。Head for the mountains のゲスト。
「おそと日記」サイト主宰。Head for the mountainsのアドバイザー。ときどき山登り、ときどき渓流毛鉤釣り/山、川、森、雲、星、月とかをみてるのが好き。/Raymond Chandler, Sting, Corinne Bailey Rae, Al Pacino, Sophie Marceau, さまぁ~ず/1964/エンジニア
当サイト設立に多大な貢献を頂きましたが、2017年3月に旅立たれました。ご冥福をお祈り致します。