Head for the mountains

- supported by yamaclub.net -

先週の裏銀座縦走より-雲ノ平山荘編 2016/8/24

2016/8/22〜27の裏銀座山行より。雲ノ平山荘に関するTweet Log。

この日の行程:野口五郎小屋→野口五郎岳→水晶小屋→水晶岳→岩苔乗越→雲ノ平キャンプ場(テント泊)

楽しみにしていた裏銀座縦走の第3日目。水晶岳登頂後、裏銀座縦走路から少し寄り道して雲ノ平へ。テントの受付や軽く飲みに雲ノ平山荘へ行ったのでその時の事など。

特徴的な外観の雲ノ平山荘

雲ノ平山荘

雲ノ平山荘の看板

雲ノ平山荘受付

雲ノ平山荘受付前

天井が高く実際のスペースよりも広く感じる受付前スペース。

雲ノ平山荘ご案内

雲ノ平山荘ご案内

雲ノ平山荘内に掲示してある天気予報、登山道情報、飲用水について記載の黒板

ついつい目を通したくなる黒板。こういうのって才能だと改めて。

黒部源流域の開拓者、伊藤正一さん

黒部源流域の開拓者であり、三俣山荘、雲ノ平山荘、水晶小屋の創業者、伊藤正一さん追悼のパネル

伊藤正一さん追悼パネルの説明

6月に亡くなられた黒部の山賊著者であり各山荘の創業者、伊藤正一さん追悼のパネル。

雲ノ平山荘前から虹

テントの受付を済ませて軽く一杯やってると例の九州の方がやって来ました。

九州の方に加えて、途中で出会ったという若い方交えてごく軽くプチ宴会。その方、七倉にクルマを置いてきたそうなんですが裏銀座の尾根戻るの大変だなあ、、と明日以降どうするか悩み中。七倉までタクシー代かかるの避けたいなあ、、と。その後果たしてどうなったのか微妙に気がかり(笑)

雲ノ平山荘 | 北アルプス黒部源流 | 三俣山荘・雲ノ平山荘・水晶小屋

北アルプスの最深部、黒部源流域の標高2600m付近に広がる雲ノ平。その神秘的な静けさを湛える大平原の只中に雲ノ平山荘はあります

【目次】2016/8/22-27 裏銀座・雲ノ平山行 | Head for the mountains

2016/8/22〜27、全6日間の日程で裏銀座・雲ノ平・槍ヶ岳とテント泊縦走した際の記事の目次。今回は七倉温泉から入り、高瀬ダムを出発。裏銀座縦走路を縦走して途中雲ノ平へ立ち寄り、槍ヶ岳を経由して上高地へ抜けるルートを利用。

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. メールアドレスやお名前を入力せずにSNSのアカウントだけでコメントできます。お気軽にどうぞ。

SNSアカウントでもコメントできます

Head for the mountains のライター・ゲストさん

Head for the mountains のライター兼「ヤマクラブ YamaClub」ゼネラルマネージャー。山・スキー・自転車を楽しんでます /登山/トレッキング/キャンプ/アウトドア/バックカントリー/山道具/ガジェット/写真/生ビール♪
「晴れたらいいね♪」サイト主宰。Head for the mountains のライター兼アドバイザー。登山/tap dance/ジョギング/写真/jazz/演劇/エンターテイメント/生ビール♪/座右の銘はTomorrow is another day。
「ぽっくん Ownd」サイト主宰。Head for the mountains のゲスト。関東近郊を中心とした登山/ハイキング/お散歩/写真/温泉/ラーメン/生ビール/青い空の下でみんなが繋がっている感覚が好き♪
「分け入っても分け入っても白き山」サイト主宰。Head for the mountains のゲスト。montebiancoは初期の頃影響を受けた白山から。ブログタイトルは大好きな種田山頭火から。夏山から冬山まで/春はバックカントリー

「あくくり Active & Creative」サイト主宰。平日はとあるメーカーの設計者、休日はカメラ片手に日本全国まだ見ぬ風景を求めてフラフラ一人旅。今は登山と温泉が生きがい。あと時々マラソンもやってます。Head for the mountains のゲスト。
「おそと日記」サイト主宰。Head for the mountainsのアドバイザー。ときどき山登り、ときどき渓流毛鉤釣り/山、川、森、雲、星、月とかをみてるのが好き。/Raymond Chandler, Sting, Corinne Bailey Rae, Al Pacino, Sophie Marceau, さまぁ~ず/1964/エンジニア
当サイト設立に多大な貢献を頂きましたが、2017年3月に旅立たれました。ご冥福をお祈り致します。