Head for the mountains

- supported by yamaclub.net -

先週の裏銀座縦走より-三俣蓮華岳キャンプ場編 2016/8/25

2016/8/22〜27の裏銀座山行より。三俣山荘テン場に関するTweet Log。

この日の行程:雲ノ平キャンプ場→黒部源流碑→三俣山荘→鷲羽岳→三俣山荘(テント泊)

楽しみにしていた裏銀座縦走の第4日目。この日は三俣山荘のテン場を利用しました。正式名称は三俣蓮華岳キャンプ場。初めての利用でしたがその時の事など。

鷲羽岳どーん!な三俣蓮華岳キャンプ場

三俣蓮華岳キャンプ場より鷲羽岳

三俣に行くと三俣山荘に宿泊したい事もあって、テン場を使うのは今回が初めて。

ハイマツ帯が広がる中、所々にテントサイトみたいなのが存在してるのは知ってましたが、どこの区画が実際使えるのかはイマイチ分かって無くて受付の際にスタッフの方と確認。道に面した区画はほとんど利用可能な感じでした。今回はA区画を利用。小屋に一番近く、水場もすぐそばなので便利です。

三俣エリアは水が豊富なイメージがありますが、渇水という事で山荘の水場は使用不可。テン場の水場を使って下さいとのこと。テン場の水場は豊富に水が出てたので一安心。

三俣蓮華岳キャンプ場より鷲羽岳

テントと鷲羽岳を入れてお約束の一枚。

三俣蓮華岳キャンプ場からの眺め。右から鷲羽岳、ワリモ岳、水晶岳

テン場からは鷲羽岳(右側)だけでなく、ワリモ岳(中央)、水晶岳(左側)も一望できる絶好のシチュエーション。

今回デビューのSEA TO SUMMITのX-POT

SEA TO SUMMIT XPOT

今回の山行で新たに投入した山道具。SEA TO SUMMITのX-POT。神保町でお世話になってる山道具屋さんのスタッフさん推しで購入。

まあ、バーナーを使う場面で一番使うのはお湯を沸かすという事であり、以前からケトルは気になってました。ただ、嵩張るんですよね。キャンプとしてならともかく、なるべく荷物を減らしたい数日に及ぶ山行では持っていく事無いだろうなあと思ってました。

そこに出たのがこのX-POT。折りたたみ式のカップやお皿は以前からありましたが、底部をアルミにする事により直接火にかけられるようになった商品です。

実際使って見た感想ですが、普段使ってるチタン製のクッカーよりもアルミの熱伝導率の違いから早くお湯が沸きますね。それとこれ、見た目以上に水が入るのも頼もしいところ。折りたたむとかなり小さくなりますし、中にはX-MAGという折りたたみ式カップを入れられる事もあって、2人分のカップとケトルがスタッキング可能です。というか、そのセットで購入しました。

ただこの商品、そのスタッフさんの話によると取扱代理店が変わるそうです。なので今買えるのはとりあえず在庫限り。無くなり次第一旦終了との事。気になってる人は今のうちにチェックしておくのがいいかもしれません。

夕方の三俣蓮華岳キャンプ場

三俣山荘 | 北アルプス黒部源流 | 三俣山荘・雲ノ平山荘・水晶小屋

北アルプス裏銀座、鷲羽岳と三俣蓮華岳の鞍部に位置する三俣山荘。展望食堂から望む槍ヶ岳、サイフォンコーヒーは35年前から名物

【目次】2016/8/22-27 裏銀座・雲ノ平山行 | Head for the mountains

2016/8/22〜27、全6日間の日程で裏銀座・雲ノ平・槍ヶ岳とテント泊縦走した際の記事の目次。今回は七倉温泉から入り、高瀬ダムを出発。裏銀座縦走路を縦走して途中雲ノ平へ立ち寄り、槍ヶ岳を経由して上高地へ抜けるルートを利用。

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. メールアドレスやお名前を入力せずにSNSのアカウントだけでコメントできます。お気軽にどうぞ。

SNSアカウントでもコメントできます

Head for the mountains のライター・ゲストさん

Head for the mountains のライター兼「ヤマクラブ YamaClub」ゼネラルマネージャー。山・スキー・自転車を楽しんでます /登山/トレッキング/キャンプ/アウトドア/バックカントリー/山道具/ガジェット/写真/生ビール♪
「晴れたらいいね♪」サイト主宰。Head for the mountains のライター兼アドバイザー。登山/tap dance/ジョギング/写真/jazz/演劇/エンターテイメント/生ビール♪/座右の銘はTomorrow is another day。
「ぽっくん Ownd」サイト主宰。Head for the mountains のゲスト。関東近郊を中心とした登山/ハイキング/お散歩/写真/温泉/ラーメン/生ビール/青い空の下でみんなが繋がっている感覚が好き♪
「分け入っても分け入っても白き山」サイト主宰。Head for the mountains のゲスト。montebiancoは初期の頃影響を受けた白山から。ブログタイトルは大好きな種田山頭火から。夏山から冬山まで/春はバックカントリー

「あくくり Active & Creative」サイト主宰。平日はとあるメーカーの設計者、休日はカメラ片手に日本全国まだ見ぬ風景を求めてフラフラ一人旅。今は登山と温泉が生きがい。あと時々マラソンもやってます。Head for the mountains のゲスト。
「おそと日記」サイト主宰。Head for the mountainsのアドバイザー。ときどき山登り、ときどき渓流毛鉤釣り/山、川、森、雲、星、月とかをみてるのが好き。/Raymond Chandler, Sting, Corinne Bailey Rae, Al Pacino, Sophie Marceau, さまぁ~ず/1964/エンジニア
当サイト設立に多大な貢献を頂きましたが、2017年3月に旅立たれました。ご冥福をお祈り致します。