自宅を片づけているときに昔読んだ山関係の書籍が出てきました。

登山を始めたころ、独学ながら、知識をつけようと山雑誌や書籍をいろいろと読んでいたものです。

山の経験の少ない私は本を読むことで、必要な装備の事や山のリスクを知ろうとしていたことを思い出します。

本に出てくる行ったことも見たこともない山々に想いを巡らせて、「すごいな」「どこにあるのかな」「行けるかな」と想像を膨らましていたことも記憶に新しいです。

その書籍の一部をご紹介します。

■新田次郎

「栄光の岩壁」

実在の人物をモデルに書かれた作品です。国内の岩壁を登攀後にアイガー北壁やマッターホルン北壁に挑戦するクライマーのお話。前半、北アルプスや南アルプス、八ヶ岳などを舞台とした登攀から後半の海外遠征までたくさんの山が登場します。

「孤高の人」

実在の人物をモデルに書かれた作品です。「単独行 加藤文太郎」が神戸の六甲山から北アルプス、八ヶ岳などを主に単独で積雪期に登頂していきます。漫画の原作にもなっています。

「銀嶺の人」

実在の人物をモデルに書かれた作品です。2人の女性クライマーがヨーロッパアルプス三大北壁登攀に挑戦していく、ストーリー。「孤高の人」「栄光の岩壁」「銀嶺の人」が新田次郎の三部作と呼ばれています。

「聖職の碑」

中央アルプスの木曽駒ヶ岳大量遭難事故を題材としたストーリー。修学旅行登山での遭難の描写は衝撃的で、考えさせられる内容です。映画にもなっています。

「劒岳」

明治時代に劒岳の測量に挑戦した男たちを描いたストーリー。映画にもなっています。

私は劒岳に登る前にこれを読んでから行きました。

 

■山岳遭難救助隊

「レスキュー最前線長野県警察山岳遭難救助隊」「富山県警レスキュー最前線」

長野県警と富山県警の山岳遭難救助隊が語る実際の遭難やレスキュー現場の実話。

改めて自分にも遭難のリスクがあることと、絶対にお世話になってはいけないと強く思った本です。

 

■吉村昭

「高熱隧道」

黒部第三発電所建設のための隧道(トンネル)工事を題材としたストーリー
黒部峡谷を舞台に高熱の断層を掘り進んでいく、壮絶な内容。私は下ノ廊下を歩くために扇沢へ向かう移動中に読みました。

 

■山の不思議な話

「定本黒部の山賊 アルプスの怪」
雲ノ平周辺を舞台に開拓される前の山域の様子や山での不思議な話やちょっと怖い話。

「新編黒部の山人 山賊鬼サとケモノたち」
三俣山荘の管理人でもあった鬼窪善一郎氏が語る北アルプスの猟師生活の話。

「新編 山のミステリー 異界としての山」
山小屋の主人などが語る 奇妙で神秘的な山の逸話。

 

■笹本稜平

「春を背負って」
奥秩父の山小屋を舞台とした連続短編小説。ハードな登攀などは無く、山にかかわる人たちの心温まる物語。
舞台を立山に変えて映画化されています。山っていいなと思える私の大好きな作品の一つです。

「その峰の彼方」
小説の舞台はマッキンリー(デナリ)。単独で挑み消息を絶った登山者を捜索する中で人の生きる意味に迫る巨編。

「天空への回廊」
エベレストの山頂付近に人工衛星が墜落。その衛星の回収に向けてエベレストで繰り広げられる様々なストーリー。スケールの大きな小説。

 

■湊かなえ、北村薫

「山女日記」
女性達を主人公に山で繰り広げられる人間模様。妙高山、火打山、槍ヶ岳、利尻山、白馬岳、金時山、トンガリロ、涸沢が舞台。工藤夕貴さん主演でNHKでドラマ化されています。

「八月の六日間」
アラフォー女性を主人公にした5つの連作小説。表銀座や雲ノ平などが舞台になっています。忙しい日常を送りながらも山では人生に想いを巡らせるなど、リアルな心の描写が好きな1冊です。

 

■夢枕 獏

「神々の山嶺」
エベレストを舞台にクライマーである羽生丈二が、前人未到のエベレスト南西壁冬期無酸素単独登頂に挑む姿を描く壮大な物語。岡田准一さん主演で映画や漫画にもなっています。

 

■漫画

「山と食欲と私」
単独登山女子の日々野鮎美が主人公。 山でご飯を食べる幸せが題材になっています。
私は最近ハマって読んでいて、新刊の発売が待ち遠しいです。※毎週金曜日にwebで更新されていて無料で読めます。

「岳」
北アルプスを舞台に山岳救助を題材とした漫画。全18巻

 

【まとめ】
持っている山の本からジャンルにとらわれず、いろいろと書いてみました。
どれも印象に残っている本ばかりで、一読の価値があると思います。天気が悪く山に行けない休日や山中での読書の1冊にいかがでしょうか。

私も改めて書いてみると記憶が薄れている本もあるので、再読してみようと思います。

 

 

 

 

Published in ヤマクラコラム
0 Comments

1番目のコメントをどうぞ!

コメントするにはログインする必要があります。

©2019 ヤマクラブ YamaClub

Log in with your credentials

Forgot your details?