4月30日に室堂に入り、雷鳥沢ヒュッテ宿泊。

大日岳方面の夕焼けが美しかった。

大日岳方面に夕焼けが見えると翌日が晴れるとの事でした。

5月1日 日の出の時間は完全に曇っていましたが6時前にはこの天気。

ほぼ1日中晴れていました。少し霞がかかった感じではありましたが。

『雷鳥沢ヒュッテから大日岳方面の風景』

さて、登ろうか

一見、緩斜面に見えるのですが登ってみると意外とキツイです。

周囲の景色は一級品です。

この斜面は半分登るだけでもかなり良い景色が拝めます。

 

この辺りは大日岳方面との分岐点です。『BCで奥大日へ上がられるようでした』

ひたすら雷鳥沢を登って行きます。

振り返ると左側から立山三山、龍王岳、浄土山、その奥には後立山連峰が控えています。

この景色はヨーロッパアルプスにも負けていない風景だと思います。

暫し、この山並を堪能しました。

まだまだ先は長い。

幾つもの段々が現れます、その一つ一つが結構キツイです。

ほぼ稜線付近へ出てきました。

後立山方面が薄っすらと見えています。

ここは剱御前小舎付近から見下ろした剣沢方面。『右側は別山方面』

BCでやってくる人が多かったです。

雷鳥沢方面、剱沢方面からこの場所を目指してくる、そして一気に滑って行きます。

左を向くとご存じの劔岳。

この山はやはりカッコイイ。

ハイマツの中から現れた雷鳥くん。

羽毛の生え変わり時期で良いコントラストの体毛。

目のあたりの赤い色が印象的。

またまた出てきた雷鳥くん2号。

剱御前山に到着。

稜線上はすでに雪はありませんでした。

立山三山の縦走路にも雪は無く、夏道になっているとの事でした。

『しかし、私が下山してから北アルプス全体に冠雪があり一時的に雪山に戻ったようです』

喉も乾いたので、リンゴを食す。

これがまたウマイのだ。

後から登ってきたBC3人組。

劔岳をバックに写真を撮りまくるの光景。

程なく剱沢へ滑降して行きました。

剱御前小舎に戻ると、小屋前の斜面からパラグライダーがTake off 寸前。

大空へ飛んで行きました。

なぜかその後の写真は全部ピンボケ??

飛んでいる写真は掲載できません。

場所を少し別山方面へ移して劔岳を見ながらヤマメシ。

レトルトカレーです。『レトルトのお米は本当に旨いです、湯煎で15分熱々のご飯だよ』

コーヒー付き。

さて下ろう。

本当に良い景色だ。

昨年歩いた大日岳方面の景色。

今年も天気の神様は微笑んでくれました。

Published in ヤマクラコラム
4 Comments

4件のコメント

      
    calypsy135  2018年05月09日 18:17    

    日程的に、4月30日、5月1日しかないと思っていました。龍王岳方面、奥大日方面、そして今回の剱御前、別山方面と何度かこの辺りを歩いていますが本当に良い天気に恵まれて景色を堪能してきました。BCも楽しめると思います、お薦めの山域です。


      
    HMS-Hiro  2018年05月08日 22:06    

    この時期の立山はやはり別格ですね!
    そんな時に満喫できたのは羨ましいです。
    冬毛の雷鳥さんには一度は会いたいものです。


      
    calypsy135  2018年05月08日 20:48    

    立山三山は夏道になっているので手前の剱御前と別山へ行ってきました。良く晴れた山行日和でした。4月28日から5月1日まで晴れていたようです。雷鳥沢に3泊の予定でしたが2日から天気が下り坂だったので2泊で切り上げました。その後寒冷渦(メイストーム)で北アルプス稜線は雪景色になったようです。昨年と今年良い山行ができました。


      
    ユキ  2018年05月08日 17:25    

    今年のGWはお天気が不安感だったので、どうなさったかなあとおもっていましたが、見事、晴れをゲットされたんですねー、よかった!!立山は、ホント、神秘の山ですね。神々しいてす。


コメントするにはログインする必要があります。

©2019 ヤマクラブ YamaClub

Log in with your credentials

Forgot your details?