梅雨明けしたのになかなかお天気が安定しない日が続いていますね。

そんな中、晴れの一日を見つけて以前から計画していた花の名山、浅草岳に行ってきました。

DSC_8546

新潟と福島の県境、六十里越からのルートから登ります。

一晩中運転してきましたが到着は8時半。既に暑いです。

DSC_8558

マイクロ反射板。この辺から少し進むと日射しを遮るところがなくなります。

DSC_8580

稜線上を歩くこのルートは眺めが素晴らしい。

越後の山々や尾瀬などが美しい。

DSC_8590

暑い!!

朝早くから登っていた方で下山してくる方とすれ違うようになって来ましたが、お話してみると暑さや登り返しのきつさで山頂までは行けず途中のピークで引き返してきた様子。

DSC_8602

ヒメサユリは南岳の周辺から見られますが序盤の花は終りかけ。元気がないですね。

DSC_8597

鬼が面山から目指す浅草岳を望む。

南岳、鬼が面山、北岳とピークを踏み、その先がヒメサユリロード

DSC_8629

DSC_8692

強い日差しに照らされ、アップダウンを繰り返しすと開けた場所に出ます。

DSC_8641

DSC_8653

木道が敷かれ穏やかな登山道が山頂まで伸びています。

振り返ると思い出深い守門岳。

雪渓を通過し山頂へ

DSC_8668

DSC_8676

お昼を食べて一息。

別の登山道から登って来た方で賑わっています。トンボだらけの山頂でしたが眺めは素晴らしい。

山頂付近にもヒメサユリが少しだけ咲いていましたが登山道の両脇に咲き誇るヒメサユリロードはキツい六十里からのルートを歩いたかたにしか見られない景色です。

賑やかな山頂を後にして雪渓のところでのんびりと。

DSC_8682

DSC_8684

灼熱の登山道の中では唯一涼しい雪渓。

オアシスです。

飲み物を冷やし、ジップロックに雪を詰めて氷のうを作る。

この氷のうて、水を冷やしておけるのと、首とかに当てておけばちょっとでも冷えるかなと思って。

水が切れたら沸かして濾せば飲めるしね。

DSC_8686

見えているピークを全て越えてきました。

帰りも同様…。

DSC_8710

一つ一つのピークはこのぐらい。

下山なのに全然下らないっていうね。

南岳を最後に登り返しは終わります。

マイクロ反射板の辺りで3,5L持っていた水を使いきりました。後は非常用のゼリーだけですがもう少し下れば沢がある。

DSC_8730

生き返ります。

下山後は温泉入ってへぎそば食べて帰宅

DSC_8742

帰る途中に川で水浴びでもしようかと車を停めたら子熊が突っ込んできたり、タイヤがバーストしたりとハプニングもありましたが無事帰宅。

ヒメサユリはほぼピークを迎え、下の方は既に終わっていました。山頂付近は一部蕾なんかもあったけど、この後は雨が続いてしまったから、今年最後のチャンスだったかも。

暑さとアップダウンでへろへろになったけど良い山でした。

 

Published in 山行記録
0 Comments

1番目のコメントをどうぞ!

コメントするにはログインする必要があります。

©2021 ヤマクラブ YamaClub

Log in with your credentials

Forgot your details?