2018年5月12日、奥多摩にある人気登山スポット川苔山へ行ってきました、

標高は1,363mとなり奥多摩の中でも登り応えのある山です。

 

川苔山は奥多摩でも特に人気のある山の一つ。

序盤の渓谷歩きからたどり着く百尋の滝は落差40メートルで

一見の価値があるものとなっています。

高尾山や日の出山といった山々からのステップアップで歩く人も多いのではないでしょうか?

今回は新緑時期、川苔山を歩くには最適な時期を選んで山岳写真の練習をしに行きました。

 

山岳写真は読んで字のごとく山で写真を撮影することなのですが、

ちゃんと撮影をしようとすると登山の難易度が危険な方向へ激変します。

三脚や重量級のカメラ機材を持ち運び、定点で数十分の撮影時間することが普通になるので

コースタイムの組み方や、実際に歩く速度などがとても厳しく難しいものになるのです。

 

最近はカメラを嗜む方々が山にやってくることも多いですが、山での撮影は先ず登山が重要です。

今回は川苔山を利用して、実際に山岳写真目的で歩くと

どれくらい普段の登山と変わるのかを試してみたいと思います。

https://www.redsugar.red/entry/kawanoriyama_camera

Published in 山行記録
0 Comments

1番目のコメントをどうぞ!

コメントするにはログインする必要があります。

©2019 ヤマクラブ YamaClub

Log in with your credentials

Forgot your details?